Tokyo.com – Leaderboard

国立文楽劇場

伝統的な日本の人形劇 『文楽』を英語で楽しむ

人形浄瑠璃として知られている文楽は、日本の伝統的な人形劇として考えられています。大衆娯楽として人気を誇る文楽は、1684年頃貞享の世に大阪で始められたと言い伝えられています。

文楽の発祥の地として、1984年大阪に国立文楽劇場が設立されました。劇場には約800名様を収容できる文楽劇場と小ホールがあり、後者では落語や漫才なども催されています。

公演は通常、1月、4月、6月、7月、8月、11月に開催されています。演目は長時間にわ、たるので心して観ることをおすすめします。一部と二部合わせて、ほぼ一日かけて公演されます。演目はさまざまな題材を取り扱い、男女間の裏切り、大量殺人、道楽、悪魔祓いなどNetflixも顔負けです。お子様連れでもご家族で楽しむことができます。

観劇の際は、英語の音声ガイドもご利用いただけます。

また、劇場には無料の資料展示室も併設しており、文楽の歴史について学ぶことができます。

詳細

  • ホームページ参照
  • 06-6212-2531
  • 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1−12−10
  • 日本橋駅7番出口より徒歩1分 新大阪駅より: 地下鉄御堂筋線なんば駅まで乗車(14分) し、千日前線に乗り換えて日本橋駅まで乗車 (1分) 関西国際空港より: 南海空港線天下茶屋まで乗車(45分)し、堺筋線に乗り換えて日本橋駅まで乗車(5分)

あなたへのおすすめ

×