Brazil.com – Leaderboard

名古屋城

名古屋城 –名古屋のシンボルとして栄える日本100名城

名古屋城には長い複雑な歴史があり、京都と事実上の首都である江戸との間に位置する重要な戦略拠点であるとして、徳川家康により1610年に築城が命じられました。

大天守はもともと1612年に完成していますが、空襲での焼失により、鉄骨鉄筋コンクリート構造で復元され、1959年に竣工しました。

現在も再建工事中ですが、一部公開されている本丸御殿は、美しい木目の彫刻や、金箔を施された障壁画など、いたるところに日本の伝統美や職人技が散りばめられています。

長期間にわたる復元計画は大きく三段階に分けられており、2013年より玄関と表書院が、2016年より対面所と下御膳所が一般公開され、2018年に全体公開を予定しています。

その他の名古屋城の見どころは、やはり天守屋根に鎮座する二体の『金のしゃちほこ』でしょう。城を火災から守ると言われており、城内の5階にはプラスチック製のレプリカも展示され、その上に座って写真撮影をすることもできます。

名古屋城の敷地には美しい花々が咲き誇り、庭園を一年中彩ります。春は桜、夏は花菖蒲やアジサイ、秋はフヨウを楽しむことができます。冬にはロウバイと梅の花が一年の終わりを締めくくります。熱心な植物学者や花好きであれば、一度は訪れる価値があります。

詳細

  • 052-231-1700
  • 〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1−1
  • 地下鉄名城線市役所前駅または名鉄瀬戸線東大手より徒歩数分

あなたへのおすすめ

×