Tokyo.com – Leaderboard

技術進歩: 東京4大のテックミュージアム

日本はハイテクエレクトロニクスと先進的な道具の産地として知られています。 これらの製品の多くは想像以上に高価であったり、一般の人に公開できないような実験的なものでありながら、この工作技術に興味のある人は日本全国の博物館を訪問し、鑑賞することができます。 ただ、ベスト3となる場所は全て首都、東京に存在します。

 

ソニーエクスプローラサイエンスミュージアム

(http://www.sonyexplorascience.jp/english/information/)

 

ソニーはエレクトロニクス分野における研究開発に数十年を費やしており、このエクスプローラサイエンスミュージアムでは、光、動き、音に特価した研究に関する展示を見る事ができます。 展示品の大半は、体験型のものであり、日本語と英語の両言語での説明が用意されています。 主には8-12歳を対象としていますが、どの年齢の子供も興味を惹かれる場所になっています。両親や大人も間違いなく楽しめ、学ぶことが出来るでしょう。人気のゾーンは、ライトゾーンとサウンドゾーンです。ライトゾーンは、現実拡張に特化し、モーションキャプチャと顔認識を使った体感を楽しめます。サウンドゾーンでは、様々な動物の声を学べ、声のピッチやトーンを変えたり、20のスピーカーが集まった音場システム体験が出来ます。規模が大きいミュージアムではありませんが、そのユニークなテーマは、若い世代の関心を集め、非常に面白い体験を得られます。

 

科学技術館

Science Museum (http://www.jsf.or.jp/eng/)

 

東京科学技術館は、巨大な建物の中に、様々な展示物や施設が集まっています。5つのフロア(地下を除く)を有し、上層4階には展示スペースになっています。2階には環境に配慮した自動車展示を楽しめ、車やバイクに乗車体験もできるようになっており、更に3D プリンターも設置されています。3階は全て電気に関連する展示スペースになっており、ゲームやモーター、オーロラの光を再現する電気ホールが設置されています。4階は、ロボットとスマートコンピュータを使った未来の世界を探検できます。最上階は力学に焦点を当て、様々な現象のメカニズムを説明する、大規模なスペースが用意されています。また、展示物を扱うワークショップを鑑賞することもできます。サイエンスミュージアムは非常に沢山の展示を持ち、一度で全て見るのは難しいかもしれません、事前にリサーチして興味に合わせて優先順位を考えておくとよいでしょう。

 

未来館:日本科学未来館

(https://www.miraikan.jst.go.jp/en/)

 

未来館は、連日大勢の人が訪れる人気展示、ASIMOを有するミュージアムです。可愛らしい小さなロボットが器用に作業をする様や、またダンスしている姿を見ることがでる、人気スポットです。しかしこれだけではありません、他にも数多くの展示物を有しています。未来を想像し、理想的な社会がどのようになっていくのか、どのような技術が開発されていくのかを見ていきましょう。我々の地球を再発見し、地球上の全ての生命が全て繋がっていること、その自然の美しさを守ることの重要さを学ぶことができます。

 

最後に、フロンティアラボは、私たちの太陽系と宇宙を学ぶことに重点を置き、さらに広いスケールで生命の不思議を学びます。実験工房では、子供達が自分の生きる世界を学ぶ探検を行うことが出来る場所になっています。この中でも注目すべきは、科学的な考え方を促し、実験に参加できる機会が用意された、サイエンスワークショップです。あなた自身の科学を試す自由は、

験に参加するチャンスを与えるサイエンスワークショップです。科学を楽しむ気持ちがあれば更に、この科学体験をより楽しいものにできるでしょう。

あなたへのおすすめ

×