Brazil.com – Leaderboard

日本の技術:伝説のはじまり

日本といえば、電化製品、斬新な商品、テレビゲームが頭に浮かぶでしょう。日本の電化製品は高品質、革新性、信頼性で定評がありますが、ほんの数十年前は、そうではありませんでした。

 

20世紀半ば、戦時中の日本は蔓延する飢餓、貧困、インフラの崩壊に直面していました。敷地を農地にして少しでも食物の生産を増やせるよう、工場を操業停止させるところまで追いつめられていたのです。

しかし、1960年代には日本は世界で2番目の経済大国となり、『東洋の奇跡』と呼ばれる時代に入りました。この動きを先導した人物は、1960年から1964年に在任した池田隼人首相でした。

 

池田首相は、日本銀行が都市銀行に多額のローンを発行し、企業や個人にも同様に資金を貸し付けしていたのを見て、『オーバー・ローン』の問題に警鐘を鳴らしました。この政策は、日本のインフラに拍車をかけ、企業が世界をリードする技術を創出するための大きな原動力となりました。

 

当時は、NHKや日本コロンビアのデジタル録音技術から、ソニー独自のポータブルトランジスタテレビのような商業娯楽が誕生しました。その他の例としては、1969年のセイコー製腕時計や、1964年の世界初の新幹線などが挙げられます。

 

1964年に東京オリンピックが幕を開く頃には、日本は世界で確固たる地位を築きました。その後20年は、さらに驚異的な成長を遂げました。この繁栄の時代には、カセットプレーヤーからテレビゲーム、ビデオレコーダーまで、画期的な製品を多数の企業が販売しました。日本製品が品質とアイデアにおいて優れているというイメージを強く打ち立てた、革新の時代と言えます。

 

近年、ソニーなどの多くの企業が、Play Station 4などのオリジナル製品の開発に苦戦しています。 一方他の企業、リコーなどはカメラからオフィス機器や産業用の電子機器に移行するなど、客層を大幅に変更しました。

 

今日もなお、日本製品は圧倒的な性能や品質を誇っています。海外の競合他社ほど安くはないかもしれませんが、安全で信頼性が高く革新的な日本製品に投資している消費者は少なくありません。

×