Tokyo.com – Leaderboard

書道から侍まで、日本のワークショップ体験

日本はたくさんの大手電気製品会社がある、世界でも有数のハイテクな国として有名です。デジタルカメラ、大きなスクリーンのテレビなど驚異的な数の電化製品が日本でデザイン、製造されています。世界でも近代的なテクノロジーをリードしている一方で、日本には独自の伝統的な工芸もたくさんあります。職人たちが伝統の技法を使っているか、最新のロボット技術を使っているかに関わらず、最高のものを作るという熱意や完璧さを求める欲求が変わらずモノづくりの土台を支えています。

日本の伝統工芸品は全国各地で作られています。それぞれの県や地域がそれぞれ有名な工芸品をもっています。例えば、名古屋は絞り染め、京都は雅な着物や漆器、福岡は博多人形で有名です。また大阪では間と呼ばれる彫刻、沖縄では琉球ガラスや革製品などが知られています。

現代のテクノロジーが導入され始め、伝統的な技法が用いられる機会は減ってきましたが、その芸術は芸術のために人生を捧げた芸術家たちによって生かされ続けてきました。日本の主要都市には何百ものワークショップがあり、達人から漆器、木工、和紙作りなどの作り方を学ぶことができます。以下がおすすめのワークショップです。

  • Calligraphy Kyoto(カリグラフィー京都)

書道は日本を象徴する工芸の一つで、数千年の歴史を持っています。筆と墨を用いて字を書くのは現代では時代遅れかもしれませんが、芸術として日本では今でも義務教育の一環として教えられています。

カリグラフィー京都では、書道の達人が基礎から書道を教えてくれます。基本の筆さばきから、千年ほど前に日本に伝えられた漢字の書き方まで習うことができます。

受講者は授業中、着物を着たり、授業後に伝統的なお茶会に参加することもできます。また、書きあげた作品はお土産として持ち帰ることもできます。

授業は、日本語、英語、中国語で受けることができます。

  • サムライ剣舞:侍体験

侍は日本の歴史の中で最もよく知られた存在です。この京都の学校では侍の格好をして、刀を手に取り、700年もの間日本を治めてきた武士について学ぶことができます。

熟練の講師が本物の日本刀の振るい方、武士の生き方を定めた武士道を含む侍の歴史や文化を教えてくれます。

この学校では、日本伝統の舞いと剣術を組み合わせた剣舞のパフォーマンスも見ることができます。

  • キッズプラザ大阪

ここは、家族連れで日本を訪れる旅行者におすすめの博物館です。この4フロアある博物館では様々なワークショップや参加型の展示などが行われています。

キッズプラザのモットーは子どもたちが遊びを通じて、学ぶことです。科学や歴史のコーナー、伝統工芸の工房、ジオラマづくりや恐竜の色塗り体験コーナー、実験室風キッチンなど、様々なジャンルがあります。

従業員の中に英語を話せる人もおり、ワークショップで使われる材料には5つの言語で表示がなされ、外国人の来館者もアクティビティが体験できるようになっています。

×