Tokyo.com – Leaderboard

海外では珍しい温泉トリビア5選

天然温泉が湧く露天風呂のほか、最近ではサウナやマッサージルームも完備する施設も多くあります。自分へのご褒美として、贅沢にリラックスしたいもの。

日本人には馴染みの深い温泉にも、海外では珍しいシステムなどがあるようです。ぜひ、一緒に紐解いていきましょう。

 

更衣室

ほとんどの温泉や銭湯では、男湯と女湯に分かれています。入浴料を支払った後、男性は青いのれんを、女性は赤いのれんをくぐって更衣室に入ります。ほとんどの施設には、シャワー、内風呂と露天風呂、サウナが完備されています。入浴後は休憩室やマッサージチェアで、ほてった体を休ませることができます。カップルで利用したい場合は、貸切風呂や家族風呂がある施設を利用すると良いでしょう。

 

露天風呂付き客室

旅館では大浴場に入るのが一般的ですが、露天風呂付きのお部屋がある施設も多く、家族やカップルで入浴することができます。滞在中は何度でも利用でき、お風呂から見晴らしの良い景色を楽しめます。

 

足湯

人前で裸になるのに抵抗がある外国人にとって、足湯は観光途中に気軽に立ち寄ることから人気です。膝下だけお湯に浸かるため、のぼせにくく、足に太い血管が通っているため全身を温めることができます。軽食やドリンクを提供している施設もあり、何時間も楽しんで楽しむことができます。

 

歴史スポット

それぞれの温泉地には長い歴史があり、周辺にもさまざまな歴史的建造物があるようです。

例えば和歌山の紀伊山地にある湯の峰温泉には、つぼ湯と呼ばれる萱葺き屋根の小さな湯小屋があり、自然石をくり貫いた風趣満点の湯船で入浴を楽しむことができます。湧き出る湯は爽やかで、水中のミネラル量に応じて、湯の色が1日に7回変化します。日本最古の温泉として、近年は熊野古道と同じく世界遺産に登録されました。

 

猿の温泉

自分で浸かることはできませんが、長野の地獄谷野猿公苑では、冬の厳しい寒さを凌ぐためにゆっくりと温泉に入るニホンザルの姿を見ることができます。野生のニホンザルとふれあうことができる大変人気のある観光名所で、写真撮影にも最適な場所です。

×