日本のマンガはジャンルやカテゴリに区分することができるので、それぞれを理解しておけば興味のある作品を探しやすくなるでしょう。

日本でコミックは『マンガ』として浸透し、年齢や性別を問わず、サブカルチャーの代表として確固たる地位を築いてきました。

×